記事一覧

チークで肌が汚く見える⁉︎

チークを塗ると
肌が汚く見えるって事ありませんか?

汚く見えてしまう理由は、
自分に合っていないチークだからかも知れません!

今回は、
ダメパターンとその解決策を紹介します。
やりがちなダメチークも少し紹介します。


【肌がくすんで見える、似合わないパターン】

肌の色味は人によって違います。
色んな色味がまざっているので、
案外(イエローorブルー)ベースだから似合わないと思っていた色の方が似合う場合もあります。
固定概念に囚われず、まず試してみましょう。

肌がくすんで汚く見える色のチークや、
明るく綺麗に見える色のチークがあるはずです。


【毛穴が目立つ、荒く見えるパターン】

原因はパール。

パールやラメ感が強いと、
毛穴やクレーターが強調されます。
→(私はこのパターン該当する。)

パールが入っていないモノや、
微妙なパール感のモノを選ぶのが正解。


【しっかりチークが逆効果パターン】

血色を良くしたい、若しくはアクセントの為に
濃く入れすぎている。

単純な答えになりますが、薄くしてみましょう。
きっと肌が綺麗に見えるはずです…。

そして、可愛いメイクの為に濃く入れる場合も
肌が汚く見えるならいつもより少し薄めに!
汚く見えるメイクだけは避けましょう。


やりがちダメチークの一部の紹介です。

【ムラやヨレに気付いていない】
(鏡を見てメイク直しをする時、
正面でしか確認していない方は要注意。)
他人には横顔が汚く映っている可能性があります。

【可愛いチークのつもりが、ガンバレルーヤ】
濃い目ではなく、濃い過ぎてませんか?
入れる位置間違えてませんか?

【ノーチーク】
ダメではありませんが、
チークは肌の色を良く見せたり、印象を変えたり、顔の面積を変えたり、色んな目的があります。
場合によってはノーチークもありますが、
基本的には使った方が良いでしょう。

→芸能人ノーチークの人まあまあ居るよね?

残念ながら大抵の方はチーク入れています。
よーく見てみてください…。
これも綺麗に見せるテクニックなんです。

【単純に入れる位置を間違えている】
顔の形、パーツの位置、ジャンル、色味など、
これによってチークの位置や角度をチェックしてください。
勿論好みで入れて良いですが、
失敗チークはパンチ力絶大だったりします…。


いかがでしたか?
当てはまる悩みがあれば是非試してみてください。


因みに私が使用しているチークは
セザンヌ ナチュラル チークN 05なんですが、
特別でもなく、普通に良いです。

→¥360(税抜)プチプラなのに普通に良い。笑

ベージュオレンジで、
特に外国人風、クール系なメイクに◎。
普段や、オフィスメイクにも使えて万能。
色白、色黒どのタイプでも似合いやすい色です。

少しパールが入っていますが、
私的にはOKな控えめパール感。
(少しでもパールが大嫌いな人には向きません。)

濃いめに塗ったスウォッチ。
こんな感じの色味です。

メリットは、
粉の粒子が細かく、肌馴染みも良い。
ケースが薄い為ポーチも嵩張らない。
発色も良い。安い。

デメリットは、
粉飛びする。
付属ブラシが使いにくい。

ブラシは他のモノを使い、
ちょっとしたメイク直しに付属を使えばOK☆

ふんわりチークを入れたい方は
大きいブラシを使うとふんわり仕上がります。
シェーディングのように斜めに入れたい方は、
ブラシを寝かして頬骨の下に入れるといい感じに。

チークの使い方1つで
良くも悪くもなると思うと、怖いですね…。
綺麗に仕上げて美人度UPさせて下さい☆
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント